メインイメージ

注文住宅は図面作成から

神奈川の注文住宅は図面作成してから

神奈川で注文住宅を建設する場合は、必ず必要な図面が出てきます。

まず建築確認申請書に添付する必要な図面としては、敷地の地番の分かる付近見取図そして敷地内のどの位置に建物を建てるかを記した配置図、また住宅の間取りを書いた平面図これは2階建ての場合は1・2階とも必要です。最低でもこれだけは必要になります。

ただ神奈川で注文住宅用の図面となると、お客様に説明したり現場での打ち合わせや施工をスムーズに行う為には、もっと必要な設計図があります。お客様がここ神奈川で建てる注文住宅がどの様な外観になるのかが気になると思います。

その外観つまり玄関ドアの位置や各窓の位置や大きさ、そして屋根の形状や外壁の感じなどを表した立面図があれば説明がしやすいでしょう。

各居室の窓の高さや天井の高さ、また注文住宅の各階の高さや全体の高さの分る断面図もあるとお客様への説明や木材などの切り込みやプレカット用に便利です。また現場で施工が始まってからは、各部分の納まり等の詳細が分ると施工図を書いたり大工の加工がしやすいのです。

それが平面図を拡大して、柱と壁の取り合いや建具などの収まりを詳しく書いた平面詳細図です。そして断面図を拡大して、床や天井と柱や壁の縦方向の収まりを詳しく書いたのが断面詳細図です。

この平面詳細図や断面詳細図は設計段階で各部分の納まりはキチットできるか、おかしな所は無いか等のチェックが出来るので設計者としても必要な図面の一つです。

また各部屋の仕上材料や建具の形状、また床の間や棚などを正面から見た状態を書くのが展開図です。造り付け家具などのある場合はこの展開図で表す事ができるし、特に施工に注意したい部屋は四面とも書く事で部屋の出来上がりが分ります。

注文住宅の意匠図としてはこれらの設計図書があると、お客様への説明や現場施工についてもスムーズに出来る事でしょう。現場の施工で必要な構造図も作成しておくと、施工業者への説明も楽で施工も段取りよく出来ます。

それが基礎の配置や形状などを現す基礎伏図であり、木造の場合の土台や大引きまた火打ちなどの位置を表したり梁関係の位置を表す各伏図等もあります。

これらはプレカットの場合はプレカット図で表す事もできるので、そちらを利用しても良いと思います。注文住宅の場合は、お客様の思い入れも強いので出来るだけ細かく図面を作成して、安心感を与えると同時に現場施工も問題なく段取り良く進められる様にしましょう。

Copyright© 2014神奈川の一戸建てを様々な想定で考える、オプションはあなたのセンスで決まります All Rights Reserved.