メインイメージ

資本金の設定

合同会社を設立する際の資本金の設定

必要な印鑑現在の会社法が施行される以前には、会社設立をするために必要な資本金には最低金額が定められていました。株式会社は1,000万円でしたからハードルは高かったと言わざるを得ないでしょう。規模の小さい会社のために有限会社の制度がありましたが、有限会社の場合にも最低で300万円となっていましたから、やはり資金的な問題があって個人で事業を続けようと考えていた人もいるようです。しかし、現在の会社法には規制はありませんから、例えば資本金が1円の合同会社を設立することもできます。合同会社の代表者になることだけが目的であれば、1円だけ出資するというのも良い方法ですが、実際の会社経営を続けて利益を拡大させていこうと考えるのならあまり勧められません。

規制があった頃にはそれが目安となっていましたから、実は金額を決めやすかったのです。規制が一切なくなった現在では、どれくらいの金額にすれば良いのかとなやむ人もいるでしょう。では、実際にはどれくらいの金額に設定しているのでしょうか。多くの場合には50万円から300万円くらいの範囲に設定されています。どの金額が正解だとは言い切れないのですが、知っておかなければならないのは、資本金の金額が信頼性とつながることです。1円の会社と300万円の会社とがあって、どちらが信頼性が高いでしょうか。その答えは言うまでもないことでしょう。信頼性が低いことによって具体的にどのようなデメリットがあるのかというと、その例は借入です。合同会社を設立したばかりの時には資金繰りに困ることもありますが、このときには融資を受けて解決できるケースが多いです。信用性が低いと公的融資や信用保証を受けにくくなります。合同会社は借りるしか資金調達ができませんから、信用性が低いことは非常に大きなデメリットとなります。また、取引先から見ても信用性が低いことはデメリットでしょう。大企業なら取引相手に基準を設けていることも多いですから、優れた技術やノウハウを持っていても取引してくれないこともあります。

合同会社を設立する際にはいろいろな費用がかかりますから、資本金は少しでも小さくしたいと考えるのは自然なことですが、それとともに信用性を高めるために多くの金額が必要だと言うことは知っておかなければなりません。そのバランスを考えることが大事です。なお、金額を大きくするだけなら、キャッシュでなく現物で出資するという方法もあります。

Copyright© 2016 合同会社設立に必要な書類や手順ををプロが簡単に解説致します All Rights Reserved.