メインイメージ

必要なお金

合同会社を設立するのに必要な最低限のお金

必要なお金合同会社を設立するために必要なお金は、最低限度どれくらいなのでしょうか。代行業者に依頼すれば報酬を支払うことも必要となりますし、手続きを進めていくためにはいろいろな費用もかかります。できるだけ費用を抑えて最も安くしようと思った場合には、最低限どれくらいになるのでしょうか。結論的に言えば10万円くらいで合同会社を設立することは可能です。その内訳を知っておくと、それぞれのケースでどれくらいかかるのかが分かるはずです。

絶対にかかる費用が登録免許税です。登録免許税の金額は、資本金の0.7%が基本で、最低金額が6万円と定められています。例えば資本金が2,000万円の合同会社を作ろうと思えば、その0.7%ですから14万円となります。資本金が100万円であれば、その0.7%は7,000円ですが、最低金額の6万円が適用されます。ですから、登録免許税の金額はそれぞれで計算していくことが必要とはなるのですが、あまり規模のお菊内会社を設立しようと考えているのなら、最低金額の6万円を支払うと考えておいて良いです。そして、謄本手数料として数千円が必要となります。合同会社に必要なものとして定款がありますが、この定款には4万円分の収入印紙を貼らなければなりません。これも費用となるのですが、これは電子定款を作成することによって不要になります。ですから、登録免許税の6万円と謄本手数料の数千円だけを支払って合同会社を設立することは可能です。しかし、自分で電子定款を作成するためにはパソコンやそれにインストールするソフトウェア、住基カードなどが必要になるという点には注意が必要です。これらをすでに持っている人なら自分で作成しても良いですし、将来的にそれを必要とするのならすべて購入しておくのも良い方法です。しかし、多くの人にとっては、自分で作成するメリットはありませんから、代行業者を利用する方が良いです。代行業者を利用すれば1万円くらいで電子定款を作成してくれます。

合同会社の設立のためのコストをできるだけかけたくないというのなら、登録免許税の6万円と、代行業者に支払う1万円くらい、そして謄本手数料の数千円で済ませることは可能です。株式会社の場合には定款の認証手数料が5万円かかり、さらに登録免許税の最低金額が15万円ですから、そこそこ大きな金額が必要になりますが、合同会社は株式会社に比べるとかなり安いと言えるでしょう。

Copyright© 2016 合同会社設立に必要な書類や手順ををプロが簡単に解説致します All Rights Reserved.