メインイメージ

必要な印鑑

合同会社の設立に必要な印鑑

必要な印鑑合同会社を設立するための手続きの中では印鑑が必要となります。必要な種類はそれぞれの会社によって異なりますが、どの場合にも必要なものが会社の実印です。それ以外に、実務上は必要なものとして銀行印と角印があります。これらの役割について理解しておくと、合同会社を設立しようと思ったときにどれとどれが必要なのかが分かるでしょう。

まず、会社の実印についてですが、これは代表者印と呼ばれることもあります。また、法人印と呼ばれることもあります。会社の実印は会社として契約をするときに用います。合同会社を設立すれば、設立した人は代表社員になることが多いです。そして、契約に関しては代表社員が行います。会社の取引に関しては、代表社員が契約の手続きを行うとしても、契約は代表者が結ぶのではなくて会社が結ぶことになりますから、そのときには代表社員の個人の実印ではなく、会社としての実印が必要となります。そのために、作成は必要なのです。手続き面や法律面で言えば、合同会社に必要なものはこれだけです。しかし、実務的に考えた場合には、銀行印は別に作っておいた方が良いでしょう。会社の実印を銀行印として用いることもできますし、実際にそうしている人もいます。しかし、会社の規模が大きくなってくると経理担当者に銀行印を預けることも多いです。もしも経理担当者が会社の実印を持ってしまうと、たとえ信用できる人であったとしてもリスクがないとは言えないでしょう。このようなことを考えれば、銀行印は別に作っておく方が良いです。角印とは、請求書や領収書、見積書などに使用する印鑑で、通常は正方形ですからこのように言われます。角印を作らずに会社の実印を利用することにはリスクがありますから、そのために別のものとして角印を作っておくことが多いです。一般的に3点セットと言われるのはこの3つで、セットになって販売されていることもありますから、合同会社を作ろうと決めたときには準備しておきましょう。

会社の実印については、形状に決まりがあります。1辺の長さが、1センチを超えて3センチ以内の正方形に収まることが必要とされますから、この決まりに従ったものを作成しましょう。書体や彫刻についての制限は特にありません。ですから、ユニークなものを作ってそれが問題になることはありませんが、対外的な信用ということを考えれば、ごく一般的なものにしておいたほうが良いでしょう。

Copyright© 2016 合同会社設立に必要な書類や手順ををプロが簡単に解説致します All Rights Reserved.