メインイメージ

設立は面倒

合同会社設立は面倒なこともあるものです

設立は面倒合同会社を設立するためには、面倒な手続きをいくつもクリアしなければなりません。しかも同時進行でしなければならないこともあれば、順番に一つ一つ解決していくものまで、バリエーションが多いものです。
同時進行で解決しなければならないものとしては、合同会社の法務局登記以降に行わないといけない税務署等の届出であったり、社会保険、厚生年金、労働保険の届出だったりするなど、様々な状況です。これらは法務局での登記が完了した時を基準としてしなければならないものが多いため、注意を要します。事前の準備や段取りが非常に大切であり、可能であれば法務局での登記が完了するまでに、ある程度の準備を済ませておいた方が無難です。

合同会社の設立は一定の流れの元で行われます。定款の作成を行いその定款について公証役場で認証を受けます。認証を受けた後に法務局で合同会社の法人登記の申請を経て、登記が完了すれば合同会社の設立となるわけです。
この一連の流れをしっかりと認識して行動をすることが求められます。特に法務局での登記申請では、司法書士に代行申請を依頼するのが一般的で、その依頼といつ頃登記が完了するのかその予定日の把握は欠かせません。面倒ではありますが、依頼をする以上進捗状況の把握は必須です。
予定どおり登記がなされるのであれば、その間に合同会社が設立された後に行わなければならない事柄を、一つ一つ前に進捗させていくことが求められます。

役所への届出ばかりとなりますが、合同会社の設立により法人の設立をした旨の届出を国税の関係では税務署に、地方税の関係の届出は都道府県税事務所や市町村税務担当課に、それぞれ届け出ます。
厚生年金や社会保険いわゆる公的健康保険についても、要件を満たす事業所の場合は提出が必須です。かつてはこのあたりがアバウトで、届け出ないまま事業をしていたケースもありましたが、最近では厚生年金の届出などを厳格にしているとされています。すなわち、年金事務所や厚生労働省が連携をとっているのではないかとも言われてきています。
労働保険も見逃せません。従業員の万が一の病気や怪我などをしっかりと公的に対応が出来るようにするためのもので、無論、今後は保険料の支払いが生じますが、加入をしなければならないものとなっています。
このように、合同会社として設立をしたあるいはするためには、色々な役所への届出が必要であることは、事前によく知っておくべき事です。

Copyright© 2016 合同会社設立に必要な書類や手順ををプロが簡単に解説致します All Rights Reserved.